ケモミミの恩返し Part2

  • 2019年10月24日
  • FF14

前回の続き
The Drowning Wench (溺れた海豚亭)の給仕のS’dhodjbi ちゃんの依頼で Baderon のために モンスターの素材を集めてくるよ!
※ 以下いつものデタラメ訳。間違って覚えてしまっても責任は負いませにゅ(‘ω’)

Baderon actually likes aurelia umbrellas!? Gods, I’d never even considered
trying to eat one of those foul things!
「Baderon が aurelia の傘を食べたがってるだって!?神々よ、あの汚れたものを食べようなど考えたことすらない。」
actually「実際に、現に、本当に」 consider「熟考する」 foul「不潔な、汚い」

考えたことすらない…あの汚れた…
ちなみに ‘one of those things’(things は別の名詞に置き換えたりもする days/people)は直訳で「いろいろある中のひとつ」だけど、「どうにもならないこと、例のよくあること」というイディオムもある。
まぁ、どちらにしろ、数あるゲテモノと比べても相当ヤバい代物なんだろうね…
いったいどんな食材なんだろう?いや、そもそも”食材”なのか(‘ω’)?


Nevertheless, if it’s aureliae you seek, you ought to find plenty by the river
just past the Tempest Gate and to the east.
「それでも、aureliae を捜すのなら、Tempest Gate を過ぎて東の川の側でたくさん見つかるはずだ。」
Nevertheless「それにもかかわらず、それでも」 plenty「豊富、たくさん」

聞いた感じそこまで珍しいものじゃないっぽいね。つまり手に入れるのは容易って訳だね!
…容易に取れるのにも関わらず、普通の人は食べないということだね!

そしてようやく aurelia とご対面!

まぁ、なんというか想像通りというか…噂に違わぬというか…
そういえば、誰かがミズクラゲっていってたし、ゲテモノに違いないね(‘ω’)

たまに痺れながらも必要分が揃ったし、早速 Baderon さんに届けよう!調べたら普通にクラゲって食べれるらしいね。なんか味がなさそう(‘ω’)
※ Baderon さんのスラング集はこちら


S’dhodjbj said an adventurer might be droppin’ by to deliver somethin’
special. That you, lad?
「S’dhodjbj は冒険者が特別な何かをを届けるために立ち寄るかもしれないと言っていたが…お前か?」
drop by「立ち寄る、顔を出す」


Ah, ‘ells, lad, ye didn’t ‘ave to go to all this trouble!
「ああ、わざわざこんな厄介事をする必要はなかった!」
‘ells → hells


Ahahaha! this godsdamned smell! I’ve ‘ated aurelia umbrellas since I was a
sellsword. ‘Tis only the nastiest shite I ever put in me mouth!
「アハハハ!この忌々しい臭い!俺が傭兵だったころ、aurelia の傘を憎んでいた。俺が今まで口にした中で最も不快な〇〇だ!」
sellsword「傭兵」 nastiest「nasty(いやな、不快な)の最上級」
‘Tis → It is shite → shit
god『s』damned なあたりがエオルゼアの世界観を反映してるね。いわゆるガッデム!だね

さすが…というくらい口が悪い(‘ω’)翻訳も大変。
やっぱり味は糞なのかぁ…実際の食用クラゲはどうなんだろうね?


We tried sprinklin’ it with salt and cookin’ it o’er a campfire, but ‘twas still little
better than chewin’ on driftwood. Try it fer yerself, lad—ye’ll see what I mean!
「俺たちは塩を降りかけ、焚火で調理したが、まだ流木を噛んだ方がマシだった。試してみろよ。俺が言いたいことがわかるだろう。」
sprinkling「sprinkle(振りまく、水をまく)の現在分詞」 chewing「chew(噛む) の現在分詞」
driftwood「流木」
o’er → over  ’twas → it was

まぁ、本気で好んで食べてたわけじゃないよね…ただ思い出に残る味なのは確かなようだね?
特に食べ物の記憶ってかなり脳裏に焼き付くんだよねー
ちなみに自分は腐豆腐がトラウマ物(‘ω’)思い出しただけでウオェェ

最新情報をチェックしよう!