ヒーローのお仕事

  • 2019年10月9日
  • FF14

でっかい蟹に襲われてる!
助けを求める子供をカッコよく助けるぞ(‘ω’)

さあ、泣き叫んで助けを呼ぶのだ!
泣き叫べば叫ぶほど助けに来る我の姿が映えるのだ(‘ω’)ぐへへ
※ 今回の訳はちょい過激? いわばダークヒーローですよ!そいえば映画の『ジョーカー』早く観たい。



Ah, bugger an’ shite! Get away from me, ye bloody great bastard!
「ああ!クソが!俺から離れろ。この#■¥〇%◇&@」
bugger「やつ、やっかいもの、男色者」 bloody「血の、血まみれの」 bastard「庶子、私生児、雑種」
shite「shit と同じ意味 イギリスで使われてるらしい」

思ってたのと違うー!
てか、めっちゃ罵ってる!この世界で今まで散々スラングとか見てきたけど、
ここまで汚い言葉使いは見たことない(‘ω’)
この手の罵り言葉ってどう訳すか迷う。bastard とかそのまま訳したらちょっと差別的で嫌よね。
余談だけど、バスタードって漫画があったよね。そろそろ新刊出たのかしら…


ツーショットじゃないよ!
颯爽と駆け付け罵倒少年くんを安心させるカッコいい斧術士の雄姿です。


I will soothe your wound, Gory!
「私が君の傷を癒すぞ」
soothe「なだめる、和らげる」


Do not stray too far from my side!
「私の側からあまり離れないで!」
stray 「離れる、はぐれる」

なるほど、Solkwyb さんは回復魔法が使えるのね。心強いね!
ちなみに solkwyb さんの二つ名?異名?の Enligtened は「啓発された、開花した、啓蒙」
よく意味が分からんけど、魔法使いっぽくてなんかカッコいい(‘ω’)

しかし、倒しても倒してもきりがない。苦戦している最中…


Got room for one more?
Can’t let the novice have all the fun!
「もうひとつ空きはあるか?新人ばかりに楽しませるわけにはいかない!」
novice「初心者、未熟者」 have all the fun「いい思いをする」
Got room for one more? は直訳すると、もう一部屋空いてるかって意味だけど、room は空間、余地の意味もある。

おお!Broenbhar の兄貴…
めっちゃカッコイイ言い回しで応援に駆け付けてくれた!
訛りがキツイって言ってごめんなさい。
でも、異名の Rocksplitter(岩を砕く者) はそのまんますぎて…だs…いやなんでもないです。


Some o’ these bastards are harder than the damn boulders!
「奴らのいくつかはクソったれな岩よりも硬いぞ!」
damn「地獄に落とす、貶す」

デカい奴は Broenbhar 兄貴に任せてる間に、自分はちっこいの狩ります。
回復は Solkwyb がいるし楽勝だね!
やっぱ鍛錬で岩とか割ってるより、実戦でこそ私は光るのだよ!
そんなこんなで敵を殲滅したのであった。
いいところを持っていかれた感はあるけど、人助けをしたことに変わりはないのだ(‘ω’)

最新情報をチェックしよう!